免許不要でご利用いただけます!

・イヤホンマイクを使ってもIP67、ねじ込み式のプラグを採用。
・特小無線用全47chを実装、交互・同時・中継モードのすべてに対応。
・交互通話と同時通話の中継器としても使用可能。
(同時通話中継器として使うには、DJ-R200Dを2台と専用連結ケーブル(ADUA-97)が必要です。
中継動作時はトランシーバーとしては使えません。)
・単三電池2本で駆動、音声出力は400mW以上を確保。
さらに着信バイブレーターを内蔵、騒音の大きな現場での通話がよりスムーズ。
・2つのチャンネルを交互に受信し、2系統の通信にすぐ対応できるデュアルオペレーション搭載。
・ショックセンサーを使ったマンダウン機能(一定時間倒れたままだとアラームを無線発報)は 人目に付かない場所での作業者の安全をモニターするだけでなく、簡易警報器等に応用可能。
・熱中症アラートや簡易的な温度上昇モニターとして使える、温度センサー。
(両センサー機能の精度保証は一切できません。
個体によるばらつきもございます。
あくまで目安としてお使いください。温度警告は、無線による発報はできません。)

【EDC-131A について】
EBP-60を約3時間でフル充電します。
充電に使わないときは、 ACアダプター(EDC-122)だけを外部電源ジャックに差し込んでAC電源で無線機を運用することもできます。

【EBP-60 について】
アルインコ製の特定小電力トランシーバーに装着可能なリチウムイオンバッテリーパックです。
(3.7V/1200mAh)
シングル充電器セット(EDC-131A)を使用して約3時間で充電可能です。

【一般仕様】
周波数範囲:421〜440MHzの特小トランシーバー用周波数
チャンネル数:47ch(単信20ch/半複信27ch)
電波型式:F3E (FM)
動作温度範囲:本体-10℃〜+50℃/充電器0℃〜+40℃
定格電圧:DC3.0〜3.7V(電池端子)
外部電源端子:DC5.0〜6.0V(ジャック EIAJ区分2)
消費電流:最大約160mA(50mW音声出力時)
消費電流/バッテリーセーブ時(平均):約20mA
消費電流:送信 約70mA(1mW時 約65mA)
マイクロフォンインピーダンス:約2kΩ
外形寸法(突起物除く):約55.0(W)×98.8(H)×29.3(D)mm/(最薄部24.0)mm
アンテナ長(mm/約):36mm
重 量(電池・クリップ込):164g
送信出力:10mW(1mW切り替え可)
受信方式:ダイレクト・コンバージョン
受信感度:-14dBμ以下(12dB SINAD)
低周波出力:内蔵スピーカー最大 400mW以上(8Ω)/外部出力 80mW以上

【標準付属品】
・本体×5
・ベルトクリップ(EBC-43)×5
・ハンドストラップ×5
・充電器(EDC-131A)×5
・バッテリー(EBP-60)×5 特定小電力トランシーバー+充電器+バッテリー5台セットです。

交互通話・同時通話・中継機能を業界で初めて1台に実装した 「元祖」超多機能特小無線機DJ-Rシリーズの最新作。
設定内容を日本語で伝える音声ガイダンス、 各種アラームに応用できるショック&温度センサーなど 新たな機能をタフなIP67耐塵、防浸ボディに満載。
着信バイブレーター、選べるアンテナサイズ、イヤホン断線検知、 ACアダプターやシガーケーブルが使える外部電源端子 拡張セットモードも加えるとライセンスフリー無線のホビーユーザーも納得の、 50項目を超えるカスタマイズ(セットモード)項目を採用しています。

カバーエリア重視と携帯性最優先、ユーザーの使用環境に合わせて選べる長短2種のアンテナモデル。
タイムアウト直前に別のチャンネルに自動で移動することで、 キャリアセンス等に掛かる約0.5秒の中断だけで10mWの連続送信ができる 「(タイムアウトペナルティ)短縮モード」を初めて採用しております。 
アルインコの特小トランシーバーでは初めて、受信信号録音機能を搭載。
スタンド不要、外部電源端子からLi-Ionバッテリーパックを直接充電可能。
ログアウト
メニュー

【超歓迎】 ALINCO アルインコ 特定小電力トランシーバー×5+充電器×5+バッテリー×5セットDJ-R200DS(ショートアンテナ)+EDC-131A+EBP-605台セット(無線機・インカム)

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【超歓迎】 ALINCO アルインコ 特定小電力トランシーバー×5+充電器×5+バッテリー×5セットDJ-R200DS(ショートアンテナ)+EDC-131A+EBP-605台セット(無線機・インカム)

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報