Lyngby Porcelaen(リュンビューポーセリン)は、コペンハーゲンの北にあるコンゲンス・リュンビューで1936年に磁器メーカーとして設立しました。このころ主流だった装飾的な磁器とは対照的に、ドイツのバウハウス運動の影響を強く受け、シンプルさと機能性の思想を取り入れたデザインで多くの人に新鮮な印象を与えました。
デンマークデザイン史上でも確立された存在となり、当時のオリジナル品を入手するのは、蚤の市でも困難なほどの人気を博しています。しかし1969年には工場が一度閉鎖され、2012年に生産を再開。
現在はローゼンダール・デザイングループが運営し、伝統的な職人技と先進的な生産技術により、純粋な機能美のDNAを受け継ぐ製品を世に送り出しています。

●サイズ:φ10cm H20cm
●素材:磁器
●原産国:ドイツ
※サイズ「φ」は内径(口径)になっております。
FLYTE
■LYNGBY VASE (PORCELAIN / GLASS)
『Lyngby Vase(リュンビューベース)』はリュンビュー・ポーセリンの中で最も象徴的なデザインの1つです。 1920年代まで、形そのものよりも磁器に施す装飾の方が重視されていましたが、ドイツのハウバウスの影響を受け、1936年に発売されたリュンビューベースはそれまでとは違う、余分な飾りがないシンプルなデザインで、人々に新しさを与えました。
PORCELAIN

PORCELAIN
底の部分には、職人が一つ一つ丁寧に押したスタンプロゴもさりげない魅力の1つ
PORCELAIN

PORCELAIN
ログアウト
メニュー

100%の保証 【ポイント5倍!】リュンビューポーセリン|Lyngby Vase(リュンビューベース)ゴールドライン φ10×H20:ヤマギワ (yamagiwa )

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

100%の保証 【ポイント5倍!】リュンビューポーセリン|Lyngby Vase(リュンビューベース)ゴールドライン φ10×H20:ヤマギワ (yamagiwa )

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報