※写真の商品をお送りします。

写真は20年5月19日に撮影。
木の状態は季節によって変化いたします
204a-u
   オリーブ


■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木
■学名 Olea europaea L
■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。
         
「栽培」
乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。
他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。
一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、
水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。
ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。
オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。
強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。
植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。
腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。
また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。
すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。

オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、
一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。
小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、
軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。
これを防ぐためには予防が最も効果的です。
オリーブを植栽された場合は、必ずを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。


オリーブの栽培方法

■土壌
 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、
水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。
ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。
 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。
 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。
多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。
出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。
どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、
古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。
大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、
しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。
葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。

露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。
腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。
 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。
すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。
植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。

■気候
 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。
 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。
 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。
 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。
 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。


左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。
気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。
新芽は冬でも展開しています。
正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。
枝が折れないような雪害対策は必要です。










■剪定
 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、
元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。
 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。
 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。
また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。
 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、
木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。

■病害虫
 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。
 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、
ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。
穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。
 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、
一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。
小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、
軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。
これを防ぐためには予防が最も効果的です。
オリーブを植栽された場合は、必ずを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。

 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。
実に斑点ができて腐っていきます。
特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。
 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。
よく日に当てて、風通しよく剪定する。
酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。





> 《ワッガベルダル》
横に広がり易い樹形の希少品種で果実は中型
葉が大きくやや、銀葉系です。オーストラリア原産
のオリーブです。
ログアウト
メニュー

手数料安い 【現品】オリーブの木 ワッカベルダル 10号セラアート鉢植え 10257《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》:千草園芸

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

手数料安い 【現品】オリーブの木 ワッカベルダル 10号セラアート鉢植え 10257《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》:千草園芸

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報